誰でも作ったことのあるおもしろはんこ

イメージ画像

はんこは、誰でも自分で作ったことがあるものです。
もちろん、偽造という意味ではありません。
子供の頃に作ったことがある「アレ」の話です。
そう、アレとは、芋版のことです。
芋版を学校で作ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

芋版とは、サツマイモなどの芋を輪切りにして、その輪切りにした面に文字や絵を彫ったものです。
芋をはんこにしたものが芋版になります。
自分で図案を考えて、芋を掘って作ったはんこは、子供にとって魅力的なものです。
子供の頃におもしろはんこをたくさん作って、いろいろなものに押したという人は多いでしょう。
お正月前に、芋版を作って、年賀状に押して友達に送ったという人もいるのではないかと思います。
誰でも作れる芋版は、おもしろはんこの代表的なものだと言えるでしょう。

芋版を銀行印にするわけにはいきませんが、芋版には独特の魅力があります。
大人になってから、子供の頃を懐かしんで芋版を作ってみたという人は、
ネットを探すとたくさんいます。
自分で作った芋版をブログに載せている人をすぐに見つけることが出来るはずです。
初めて持ったはんこは芋版だったという人が大人になって、芋版を作っているのかもしれませんね。

おもしろはんこの芋版を持っていた子供も、いつかは本物のはんこを持つことになります。
そのときには、どのようなはんこを選ぶのでしょうか。
おもしろはんこに夢中になった大人がどのようなはんこを選ぶのか、少し気になりますね。



このページの先頭へ